【体験談】自宅で出来る!歯の黄ばみを取る方法

当サイトは、管理人が歯の黄ばみを自宅で取る事が出来た方法を書いています。自宅でホワイトニング以上の効果がありますので、ぜひ試してほしいと思います(^_^

 

歯 黄ばみ 取る 方法

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

>>白い歯に導く沖縄で生まれた薬用ちゅらトゥースホワイト<<

 

 

 

加齢を重ねてくると、どうしても歯の黄ばみが気になってきますよね。ワタシも歯が黄ばんでいて指摘され、そして歯を白くしたいと思うようになりました。

 

歯 黄ばみ 取る 方法

今まではザクトとかヤニを取るってイメージだったのですが、歯が黄色くなる理由を調べていくと、ちゃんとした原因があったり、また、研磨剤が入っている歯磨き粉を使うと余計に歯が汚くなる可能性が高いという事も知り、歯を白くする方法などを探していました。

 

 

そこで、色々とホワイトニングの方法はありますが、管理人が実体験の元、歯が白くなる方法やお勧めのやり方などを紹介したいと思います。

 

【体験談!】管理人がお勧めする『自宅で歯の黄ばみを取る方法』はコレ!

 

というわけで、色々と歯の黄ばみを落とす方法を調べた時、

 

  • できるだけ安く済ませたい
  • 面倒な事は長続きしないのでヤリたくない
  • 効果があるものをしたい
  • 歯に安全なものを選びたい

 

という基準を満たしているモノとしてワタシが選んだのが『薬用ちゅらトゥースホワイト』というホワイトニングの液でした。

 

歯 黄ばみ 取る 方法

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

>>白い歯に導く沖縄で生まれた薬用ちゅらトゥースホワイト<<

 

 

 

これは、

 

  • 何よりも歯が白くなる効果が高い
  • 研磨剤などの様に歯を傷つけることがない
  • 定期コースで安く使うことが出来る
  • 歯が白くなってくれば量を調整出来るためにコスパが良い
  • 通常の歯磨きの後、もしくは歯磨きと同時にする為面倒ではない

 

 

という、ワタシの基準を全て満たしている商品でしたので選びました。

 

歯 黄ばみ 取る 方法

 

歯の黄ばみを落とし、歯を白くする方法は色々とありますが、なぜ『薬用ちゅらトゥースホワイト』を勧めるのか、又、他の歯を白くする方法のデメリットなどを今から挙げていきたいと思います。

 

 

もちろん、代表的な歯医者のホワイトニング、重曹などの歯磨き、研磨剤入りの歯磨き粉なども知っていますが、それぞれデメリットがあるために選択から外しました。

 

 

そういったデメリットの部分についても書いていますので、歯の黄ばみを自宅で取りたい方は参考にして頂ければと思います。

 

毎日歯磨きしているのになぜ『歯の黄ばみ』がヒドくなるのか?

 

歯 黄ばみ 取る 方法

毎日歯磨きをしているにもかかわらず、なぜ歯は黄ばんでくるのでしょうか。それは色々な理由があるのですが、まず、なぜ歯が黄色くなるのかという所を知る必要があります。

 

 

歯の黄ばみや黒ずみの原因であるステイン(着色汚れ)ですが、コーヒーを飲む人、紅茶や緑茶を飲む人、そしてタバコを吸う人がつきやすいとされていますが、原因はそれだけではありません。

 

 

加齢や毎日の食事によっても、歯は毎日黄ばみ、汚れていっています。間違った歯磨きをする事も歯を黄色くする原因と言われています。

 

 

ある日突然、タバコも吸わないのに『歯が黄色くなってきた、、、』と思う方は、こういった日々の食事などが原因で黄ばみがデキているということです。

 

 

後でも書きますが、間違った歯磨きなどをすると(研磨剤入りの歯磨きを使う)、歯の表面が傷つき、傷ついた部分から汚れが沈着する可能性があるのです。

 

 

歯の黄ばみを取り、そして、傷つける事無く白くするためには着色汚れを浮かして取り、分解して汚れを包み込んで除去する必要があるのです。

 

 

ワタシが浸かっている『薬用ちゅらトゥースホワイト』ですが、研磨剤ではなく、歯の汚れを分解してくれる成分が含まれているため、歯の黄ばみを取りながら白くしてくれるという効果があります。

 

 

また、歯槽膿漏や歯肉炎の予防、虫歯を防いだり口臭予防効果など、中年になるといきあたる歯の悩み全般を予防してくれる働きがあります。

 

歯を白くするホワイトニングの種類や金額やデメリット

 

ワタシも知識が無い時そうだったのですが、歯を白くする為には歯医者さんでホワイトニングをするという選択肢しかないと思っていました。

 

 

ホワイトニングのいい所ももちろんあるのですが、自宅で歯を白くして、黄ばみを落とすというのであれば『薬用ちゅらトゥースホワイト』でいいと思います。

 

 

歯 黄ばみ 取る 方法

 

ホワイトニングには審美歯科で行うホームホワイトニングとオフィスホワイトニングがあります。また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを合わせて行うデュアルホワイトニングという物もあります。

 

  • ホームホワイトニングは自宅で行います。
  • オフィスホワイトニングは歯医者さんに通院します。
  • デュアルホワイトニングは歯医者さん、自宅ともに行います。

 

 

ザックリ分けるとこういった感じになるのですが、歯を白くする、歯の黄ばみを落とす為に、かなりの金額、かなりの手間が掛かるのです。

 

 

自宅で行うホームホワイトニングにしても、まず歯医者さんで診察を行い、専用のマウスピースを作り、専用の機材を用意して、そして数時間機材の前でジッとしておく必要があります。

 

  • オフィスホワイトニングは週に3〜4回、30〜120分
  • ホームホワイトニングは2時間以上の照射を2週間位行う(白くなるレベルに応じて変化)

 

 

ワタシは仕事をして、更に帰ってきて疲れているカラダで、歯の黄ばみを取るために機材の前で数時間かける時間や体力がないとおもいました。

 

 

そして、なによりも

 

  • ホームホワイトニングの相場は20,000〜60,000円
  • オフィスホワイトニングの相場は40,000〜120,000円

 

というかなりの出費という部分がネックになりました。

 

 

この、『面倒でなおかつ時間がかかり、なおかつ高い!!』という部分で、ワタシの中ではホワイトニングという選択がなくなりました。

 

 

また、色々な歯医者さんでは、薬剤や機材の工夫をしているのは分かりますが、基本的には

 

薬剤が濃いとメチャ歯にしみるらしいんですよね^^;

 

 

歯医者が嫌いなワタシにとって、歯に対する痛みがある事なんて、例え歯の黄ばみを取る方法だとしてもお断りです(笑)絶対に痛そう、、、痛みの種類としては、冷たいものなんかを食べると歯がキーンってなるイメージらしいです^^;

 

 

そして薬剤が強すぎると、不自然に歯が白くなりすぎるとも言われています。あくまでも、自然に歯を白くしたいのですから、不自然過ぎると嫌ですよね^^;

 

歯 黄ばみ 取る 方法

 

 

ということで、色々な事を考慮した結果、ホワイトニングは自宅でも歯医者でもヤラないという事を決めました。

 

  • 別に歯が白くなるためなら金額は気にしない
  • 歯が白くなるためなら時間や手間は惜しまない
  • 歯が白くなるためであれば多少痛みを伴っても平気

 

という様な場合であれば、ホワイトニングという選択もありだと思います。ワタシの場合ホワイトニングを選択しなくても、望み通りの歯の白さになりましたし、歯の黄ばみも自宅で取れたので満足です^^

 

 

ですので、まず歯の黄ばみを取りたい方には『薬用ちゅらトゥースホワイト』をお勧めしたいなってのがワタシの気持ちです^^

 

歯を白くする『ホワイトニング歯磨き粉』のデメリット

 

歯医者でするホワイトニングという選択手段ですが、『金額が合わない』『面倒だから続かない』『しみる、痛みがあるから嫌』という感じでパスになりました。

 

 

では次に自宅で歯の黄ばみを取る方法といえば、『ホワイトニング歯磨き粉』が手頃で馴染みが深いかもしれません。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉は沢山出ています。昔ワタシが使っていたザクトなど、ヤニ取りをメインに販売しているものもドラッグストアには沢山あるので、歯の黄ばみ、ヤニ汚れがある方は一度は手にしたことがあるかもしれません。

 

 

しかし、知っていて欲しいのはホワイトニング歯磨き粉の殆どが研磨剤が入っている為、歯の表面を削って白さを出しているという事です。

 

 

もともとの歯の白さは、日々の食事、タバコ、コーヒー、ワインなどによって黄ばみが出たり、ステインで着色汚れが出てきます。その表面を削って歯の白さを戻すというのがホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなるという仕組みです。

 

 

歯医者で行うホワイトニングですが、『過酸化水素』を使って漂白するために白くなります。アメリカで販売されているホワイトニング歯磨き粉には過酸化水素が入っているものもあります。

 

 

しかし、日本では過酸化水素を使うことは薬事法で禁止されている為に、日本の歯磨き粉には過酸化水素は含まれていません。

 

 

また、アメリカで販売している歯磨き粉も通販や並行輸入で購入することは出来ますが『劇薬指定』されている過酸化水素ですので歯をホワイトニングの様に白くするレベルの含有量がないという場合が殆どですので、過酸化水素によるホワイトニング自体も期待できないのが本当の所です。

 

 

アメリカのホワイトニング歯磨き粉を購入することも可能であるが、

 

  • 劇薬指定の過酸化水素はあまり含まれていない
  • 日本のホワイトニング歯磨き粉は削っているだけで歯を傷つける
  • 傷つけた歯の表面から汚れがシミ付き菌がつく
  • 黄ばみや口臭の原因になる

 

というところがデメリットになってきます。ですので、ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを取るというのは結果的にはよくないという事になります。

 

 

そういった意味でも、歯磨きの後に出来るホワイトニングジェルがお勧めという事になるのです。

 

無料でできる『重曹』などを使ったホワイトニングのデメリット

 

あと、できるだけ安く済ませたいという気持ちで、家で無料(もしくは少額)で歯の黄ばみを取る方法というものも探しました。

 

 

昔から『タダより安いものはない』といいますが、やっぱりそうでした^^;

 

  • 重曹を使ってうがいをする
  • 激落ちくんなどを使って歯をこする

 

こういった方法があるのですが、コレ自体スグ効果が現れる、そして、タダ(に近い金額)で出来るという事もあり、結構みんな絶賛しているようです。

 

でも、

 

  • 重曹でのうがいや歯磨きは歯のエナメル質を溶かして汚れを落とす
  • エナメル質が薄くなると『歯の黄ばみ』が目立つ
  • エナメル質がないと『着色汚れ』も付きやすくなる

 

 

というデメリットがあります。現状やスグには歯についたステイン汚れ(着色汚れ)が取れるので効果がある様に思われるのですが、長い目でみるとエナメル質が薄くなるので歯の黄ばみが増すという事です。

 

 

つまり、加齢によってエナメル質が薄くなるという現象と同じ感じですね。

 

 

無料でお得と思ってやると、最終的には歯が黄ばんでくるという結果になります。

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』を勧める理由

 

  • 面倒ではない、普段の歯磨きと同様の手間で出来る
  • ホワイトニングよりもコスパに優れているが、効果はホワイトニング並み
  • 研磨剤を使って歯の黄ばみを取る方法ではなく、汚れを分解する為、歯を傷つけない
  • 重曹の様にエナメル質を溶かして歯の汚れを取る方法ではない
  • 歯の黄ばみを取る以外に、口臭予防、虫歯予防、歯周病予防にも効果がある

 

こういった理由で『薬用ちゅらトゥースホワイト』をお勧めします。

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

>>白い歯に導く沖縄で生まれた薬用ちゅらトゥースホワイト<<

 

 

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』は使うたびに白くなっていきます。歯の黄ばみを取り、歯を白くする違いは、汚れを落とす力にあるのです。

 

 

配合されているモノは、カラダに優しい天然成分のリンゴ酸、ビタミンC。

 

 

このリンゴ酸とビタミンCが歯に付着した黄ばみの原因の汚れを優しく削る事無く落とすのです。

 

 

アミノ酸高分子であるポリアスパラギン酸(PAA)が汚れをしっかりと落としてくれます。歯の汚れの再付着を防ぐことで、本来の白い歯を蘇らせてくれますので、非常に効率よく黄ばみを取り、歯の白さを戻してくれます。

 

 

ワタシも10円玉で試しましたが(笑)、効果が高いのがわかると思います。

歯 黄ばみ 取る 方法

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』が歯を白くする理由

 

歯の黄ばみが取れていき、歯が白くなってくるのを実感できるようになります。

 

 

この白さの決め手となるのが、研磨剤ではなくポリアスパラギン酸(PAA)なんですね。

 

 

このPAAですが、口臭や汚れの原因となるタンパク質と反応して凝固する作用があるのです。この作用を利用して歯の白さを取り戻す方法を応用したのが『薬用ちゅらトゥースホワイト』です。

 

 

通常の歯磨きでは落ちない汚れまで、しっかりと浮かせて剥がして落とすというのが『薬用ちゅらトゥースホワイト』の強みです。

 

 

また、歯をこすって削って汚れを落としたり、エナメル質を減らす様な方法で歯の黄ばみを取ったりする方法ではありませんので安心できます。取った歯の汚れが再付着しないのもポリアスパラギン酸の特徴ですので、白さを保つことが出来ます。

 

 

専用のブラシが毎月付いてきますので、それでブラッシングするだけで歯の白さを作ることが出来ます。

 

白さを実感できるので、毎日の歯磨きが楽しい

 

一番いいのは、使って1週間位で歯の白さが分かってくるようになる事です。

 

 

これは、『薬用ちゅらトゥースホワイト』の成分の効果だと思うのですが、浸かっていると歯の白さがどんどん出てきます。そういった感じで毎日浸かっていると、かなりの白さが分かってきます。

 

 

毎日使う事で実感が出来るので、使っていると楽しくなってくるんですね。ワタシも使っているのですがやはり楽しいです。

 

 

こういった感じで取り組んでいけば、歯の黄ばみを楽しみながら取ることが出来るようになります。

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』の『歯の白さ』以外の効能やメリット

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』ですが、歯の黄ばみを取り、歯を白くする以外にも歯にイイ効能が沢山あり、健康な歯を作っていくことが出来ます。

 

 

烏龍茶摘出物とホップエキスから出来ている新成分の『GTO』が、虫歯発生の元凶である不溶性多糖類合成酵素を阻害してくれるのです。

 

 

この効果により、虫歯のリスクを普通の歯磨きよりもかなり大幅に軽減してくれます。また、『シメン-5-オール』が虫歯の発生や進行を予防してくれるのもウレシイ効果です。

 

虫歯が出来るメカニズム

 

  1. 歯の表面(ペクリル層)への虫歯菌(ミュータンス菌)の初期付着
  2. 虫歯菌の産生する酵素による不溶性多糖の生成が始まる
  3. 生成された不溶性多糖による口腔内細菌のさらなる付着(歯垢形成)
  4. 歯垢内部での脱灰

 

歯茎の腫れ、歯周病、口臭予防

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』は、歯茎の健康も守ってくれます。歯茎の腫れや炎症を抑えて歯周病を予防するアラントイン、シメン-5-オールが口の中の雑菌を減少して口臭予防をしてくれるのです。

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』について

 

味はどんな感じ??

メントールという感じですね。リンゴの味もします。付けていて刺激、使っていての刺激や強烈な臭い等はありません。

本当に黄ばみを取り、歯が白くなるのか?使用をやめると元に戻る?

個人差、着色具合によって異なるのですが、継続して使うことでホワイトニング効果が期待できます。

 

ワタシの場合、1週間位で違いが分かりました。また、定期コースであればお得ですので、継続して使うといいと思います。歯の着色は毎日の食事でも出ますので、使わないといずれは黄色くなります。

 

 

白くなってきたら使用量を減らすなどの工夫をしながら、継続的に使っています。黄ばみは毎日自分の歯を見ているので気付きませんが、数ヶ月使っていない場合、ある程度の黄ばみは付いているのは間違いありません。

 

 

また、定期コースであればお届け周期の変更も出来ますので、余った時は安心ですよ。

1日何回くらい使う?電動歯ブラシでもOK??

1日2〜3回、通常の歯磨きと同様な感じで。ワタシはとくに決めていません。また、ワタシは電動歯ブラシで使っていますので全く問題ありません。

 

 

定期コースの場合、毎月専用の歯ブラシも付いてきますので、それで洗ってもいいと思います。

歯磨き粉の代わりに使っても大丈夫?

『薬用ちゅらトゥースホワイト』は、肌で言えば美容液です。ですので、基本的には歯磨き粉と別の目的や考えでいいのかなと思います。

 

 

『薬用ちゅらトゥースホワイト』の公式サイトでも美容液という位置づけで、歯磨きの後にブラッシングする事を推奨しています。

 

まとめ

 

歯の黄ばみを取る方法というのは、選択が多いようですが手間、お金などを考えるとある程度絞られてきます。

 

 

ワタシの様に『面倒なのが嫌、お金の面で制限がある』という様な場合、一番いい方法というのは『薬用ちゅらトゥースホワイト』などでしっかりとケアする事ではないかと思います。

 

 

定期コースであればお得感もありますし、本当にお勧め出来る方法ですので、よかったらためしてみることをお勧めします^^。

 

 

ワタシの経験から言えることは自宅でも歯の黄ばみを取り、歯を白くする事は出来ると言うことです。

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

>>白い歯に導く沖縄で生まれた薬用ちゅらトゥースホワイト<<